特定非営利活動法人 京都SMI

団体概要

メンバー紹介

京都SMIは、産学公連携のエキスパートを産業界・学術界から広く募り、経営管理にあたります。

役員プロフィール

理事長  中辻 憲夫理事長   中辻 憲夫
(京都大学 物質-細胞統合システム拠点(WPI-iCeMS) 特定拠点教授・設立拠点長、再生医科学研究所 幹細胞研究部門 発生分化研究分野 連携教授)

1972年京都大学理学部卒業、1977年京都大学理学博士。米国や英国など海外で研究活動のち国立遺伝学研究所教授や京大再生医科学研究所教授・所長などを歴任。マウス、サル、ヒト胚性幹細胞(ES細胞)をはじめ、生殖細胞や神経細胞など、様々な細胞の発生分化および幹細胞研究を進めてきた。2003年には国内で最初にヒトES細胞株の樹立に成功し分配体制を確立した研究チームを率いると共に、大学発バイオベンチャー(株)リプロセルを起業。2007年にはiCeMSを設立。文科省世界トップレベル研究拠点の一つであるiCeMS初代拠点長として、多分野の精鋭を集め、細胞科学と物質科学を統合した新たな学際領域の創出を推進し、真に国際的な研究組織を構築する等、多彩な経歴を活かすと共に、ES/iPS細胞を用いた再生医療実用化に必要な技術開発、疾患モデル作成や新薬開発に応用する研究などを続ける。2015年4月より京都SMI副理事長、2016年7月より理事長に就任。

淺田 孝副理事長    淺田 孝

(京都大学 再生医科学研究所 幹細胞研究部門 産学官連携推進室 特定教授)

1979年東京工業大学大学院修士課程修了、2001年京都大学大学院薬学研究科博士号取得。藤沢薬品工業 株式会社(東京研究所、中央研究所、薬理研究所、さらに藤沢薬品英国エジンバラ研究所(1999-2000)) 延べ20年以上の研究活動後、2003年より企業出向として創生期の神戸医療産業都市構想における産学連携活動を開始、先端医療振興財団(FBRI)で京都大学を筆頭としたライフサイエンス分野の大学の研究シーズの事業化に従事。その後2年ほど再生医療ベンチャー企業でのCSOを経て、先端医療振興財団に戻り、欧州メディコンバレーバイオクラスター(MVA)との連携を行う国際連携大使として3年間、欧州のバイオクラスターと日本(特に関西)バイオクラスターとの国際連携活動に従事、欧州各地のバイオクラスターおよびライサイエンス関係企業150社以上を訪問、国際産学連携活動を展開する。2011年7月より京都大学、物質-細胞統合システム拠点(iCeMS)の特任教授として招聘され、iCeMSの国際連携活動及び新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の再生医療プロジェクトのプロジェクトマネージャーを務める。その後新規の日本医療研究開発機構(AMED)における再生医療の産業化に関わるプロジェクトマネージャーを担当し、2014年より再生医科学研究所に異動し現在に至る。京都SMIには京大異動後すぐに入会、2015年より理事、2016年7月より副理事長に就任。

理事 末松 千尋理事 末松 千尋
(京都大学 経営管理大学院 教授)

1979年東京工業大学卒業。1984年スタンフォード大学大学院MOTスクール修了。1985年より、マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク・ジャパンに入社、1988年にコンサルティング会社を創業し、国内外の大手企業からベンチャーまで、ITをキーワードにした全社組織変革・戦略構築コンサルティング活動に従事。1995-2000年慶應義塾大学ビジネススクール講師を兼任。2001年より京都大学大学院経済学研究科助教授を経て、2005年より教授。2006年より京都大学経営管理大学院教授兼務。主な著書に『オープンソースと次世代IT戦略』『京様式経営?モジュール化戦略』(日本経済新聞社)など。2010年9月より京都SMI理事に就任。

理事 坂出 健理事 坂出 健
(京都大学大学院経済学研究科 准教授)

1992年京都大学経済学部卒業、1994年京都大学経済学修士。同年より富山大学経済学部で助手・講師を務め、1998年京都大学 大学院経済学研究科の助教授を経て、2007年より准教授。2011年京都大学経済学博士。2016年7月より京都SMI理事に就任。著書に『イギリス航空機産業と「帝国の終焉」』(有斐閣、2010年)

 

理事 徳田  昭雄 理事 徳田 昭雄
(立命館大学 経営学部 教授/Institut Mines-Télécom 客員教授)

2000年、立命館大学経営学研究科博士後期課程修了(経営学博士)。英国Reading University、独国RWTH Aachen、仏国EHESS (国立社会科学高等研究院) 客員研究員を歴任。2012年より現職。(社)組込みイノベーション協議会委員、内閣府戦略的イノベーション創造プログラム(SIP) 推進専門委員、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 技術委員ほか。専門は経営戦略論、MOT、標準化研究。主な著書に『オープンイノベーション・システム』晃洋書房、『グローバル企業の戦略的提携』(ミネルヴァ書房)。2016年より京都SMI理事に就任。

理事 仙石 慎太郎監事 仙石 慎太郎
(東京工業大学大学院イノベーションマネジメント研究科 准教授)

2001年東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻修了(博理)。 マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク・ジャパン、東京大学大学院薬学系研究科・薬学部、独立系ベンチャーキャピタル、京都大学産官学連携センター寄附研究部門准教授等を経て、2009年4月より京都大学 物質―細胞統合システム拠点(WPI-iCeMS=アイセムス) 准教授・同イノベーションマネジメントグループ代表。ライフサイエンス分野の研究開発マネジメント論、 ES/iPS細胞をはじめとする幹細胞科学技術のイノベーション・産業論の研究・教育に従事する傍ら、iCeMSにおける学際・国際・産学の「3つの連携」の統合的推進の企画立案と実務を担当する。研究技術・計画学会評議員、知的財産高等裁判所専門委員等を歴任。2010年9月より京都SMI理事に就任。2014年9月、東京工業大学大学院イノベーションマネジメント研究科准教授に就任。2016年6月より京都SMI監事。

理事長 小山 浩相談役 小山 浩

1970年 京都大学 理学部 物理学科卒業。1980年 理学博士(京都大学理学部)。1970年 三菱電機(株)入社、北伊丹製作所、中央研究所、超エルエスアイ技術研究組合を経て1991年 LSI研究所評価解析センター長。2000年 日本電子(株)取締役応用研究センター長、2004年 常務取締役就任。(社)日本経団連バイオテクノロジー部会委員、ナノテクノロジー部会委員、国際標準化戦略部会委員。内閣府 総合科学技術会議 ナノテク計測・加工WG、(財)日本科学技術振興財団理事。2007年 文部科学省先端研究施設共用イノベーション創出事業 京都・先端ナノテク総合支援ネットワーク コーディネーター。2012年7月より京都SMI理事長に就任。2016年7月より京都SMI相談役。合同会社小山リサーチラボ代表。

 

PAGETOP